DUAL LIFE

異なる環境のデュアルライフ

HYPER BOHEMIAN

自由なライフスタイル

SPEAKER

講演、セミナー

IT MARKETER

ウェブマーケットアドバイザー

君の自分メディアには「独自性」がまだまだ足りない。

自分だから書ける記事、自分にしか表現出来ない文体をもっと突き詰めなければ読まれないって事に気がついた

自分にしか書けない記事と表現で自分メディアの差別化を目指す1デュアルライフ福田基広
ブログ、自分メディアを運営しようと思った過去の自分に大感謝です。運営していて本当に奥が深くて面白い。そして今日は「福田基広」を「僕」が説教しようと思います。

 

自分メディアで様々な情報を発信(アウトプット)することが日課になってからは、何気ない日々の生活そのものがコンテンツに変わり、まったく読むことのなかった本を読んだり写経を通して、インプットを増やす癖がつきました。

おかげで、自分のなかでインプット⇄アウトプットの流れができ、日々自分が成長できていることを自分メディアを通じてひしひしと感じることができてます。以前までは


「あいやー、遊ぶ時間が欲しいネー!テレビ見たり漫画読んだり旅行したりする時間をもっと増やしたいネー!ってかダラダラしたいネー。結局なんにもしたくないネェェ〜」

と思っていましたが、自分メディア運営の面白さを知ってからは


「旅行はまだしも、遊ぶ?テレビや漫画?バカイッテンジャナイヨ!モットストイック二自分メディアノ充実化ヲハカロウヨ!
パシッ!パシッ!

と180度、、、とまではいきませんが、それに近い位置にまで成長できました。しまいにゃ夢中になれるものを持つことが人生をより充実させるんだ!ドヤッなどという発言までするようになりました。

 

すごいなぁ、自分メディアパワー。

 

福田基広さんの自分メディアの課題は「福田基広にしか書けない記事と文体の確立」

自分にしか書けない記事と表現で自分メディアの差別化を目指す2デュアルライフ福田基広
これはきっともっともっと突き詰めていかなければ、きっと出ないであろう答えです。

 

今僕は「福田基広のデュアルライフ」なんて生意気にもキャッチーなブログタイトルつけちゃって、「嗚呼、いいなぁ福田さんみたいな移住生活」と憧れられるような(実際スンゲー質素な生活)デュアルライフも送っています。

 

が、がしかし。がしかしですよ?

 

なかなか普通出来ない移住をして、その体験をもとに、僕にしか書けない記事と文体を生み出せているか?と言われると答えはNOです。

いや、100歩譲って「文体」は時間がかかるから、まだ「文体」の確立はできなくて良しとしても、移住までしてブログタイトル通りの「デュアルライフ」を送り始めたんだから、もっともっと「デュアルライフな記事」を量産すべきだと思うんです。

 

ってかしろよ、福田さん!

 

なんか最近、ブログ記事に時間かけすぎている割には、まあまあの記事しか書けてない気がするんですよね。ってか個性がない気がする。なんだろうな、「文章の角が丸くなった」

かといって「読むのも辛くなるような鋭利な文を書け!さあ言葉のナイフを持って標的相手を選べ!」ってことじゃないのですが、もっと福田さんは記事や文体に「チャレンジ」を求めていいと思うんです。

 

だって福田基広が運営している「自分メディア」だから、もっと書きたいことを思いっきり自由に表現していかないと、ブログ大ブーム真っ只中、どんどん埋もれちゃう。それに福田基広が書いているブログは福田基広にしか書けないんだから、もっと福田基広らしさを全面に出して記事を書いていくべきだと思う!

自分にしか書けない記事と表現で自分メディアの差別化を目指す4デュアルライフ福田基広.JPG
だって「福田基広のデュアルライフ」って「福田基広」って冠を出しているわけだから個人ブログなわけ。だからもっと自由にのびのび好き勝手発言していいんだって!だって個人ブログだもん。

それが個性であり、面白いところなんだから、もっと自分メディアを自由にかつ、突き詰めて行こうぜ!読んでくれている人もきっと、それを望んでいると思うよ福田さん。

 

SEOがなにさ、アクセス数がなにさ!そんなことより、個性があって福田基広にしか書けない記事で勝負して行こう。それがきっと結果につながってくるから。

と、「僕」が「福田基広」に説教しましたが、自分メディアってもっと楽しく自由に表現していくべきだと思います

自分にしか書けない記事と表現で自分メディアの差別化を目指す5デュアルライフ福田基広.JPG

最近SEOやアクセス数にとらわれすぎていました。
これ、自分メディア運営している人は必ず1度はこの落とし穴にはまる経験してると思うんだよなぁ。。。

いやね、多少は気にするべきだと思うんですけど、一番大切なのは読んだ人がまた読みたい!と思えるような個性ある記事を書いていくことじゃないかな?との答えに僕はたどり着きました。

 

僕にしか書けない記事、僕にしか表現出来ない文体。
それが今回の記事テーマである「独自性」

 

ここをもっと突き詰めていきたいと思いますし、自分メディアで苦しんでいる人は、アクセス数やSEOから一旦離れて、ここを突き詰めるようにすれば、きっと肩の荷が下り、また運営者が楽しくなる記事が書けて、結果それが面白い記事につながってくると僕は信じています。

移住して2ヶ月目に突入し、環境にも慣れてきたので、もっともっと移住した福岡県糸島市のディープで面白い情報を僕の視点で紹介していきつつ、デュアルライフの確立方法を、僕にしか表現できない文体でシェアしていきたいと思います。

 

はい、これが福田さんの課題!そして自分メディア運営に苦しんでいる人の課題!

自分にしか書けない記事と表現で自分メディアの差別化を目指す3デュアルライフ福田基広

もっと記事にオリジナリティ出せるはず!
もっと文体に独自性を出せるはず!

突き詰めていって、「福田基広」の名前隠して読んでもらっても

「あ、ちょっ、これ福田さんのブログじゃね?」

って分かってもらえるくらいの文体レベルを目指していきたいな!
もうこれ、自分にとって趣味ってか道楽になってきた。

 


しゃーんなろー!自分メディアをさらに充実させて、福田基広にしか出せない個性、出していくかんなー!見てろよ夕日〜!

 

と、説教しつつされた記事なので、夕方の写真を使用し、やや鬱々したイメージを表現しました。

よし、気合入ったしPS3のゲーム「塊魂」を久しぶりにしよう。

 

2016-12-04-13-12-33

COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

MONTHLY TOP 10

Profile image
Profile image
福岡県糸島市在住
職業:「楽しく分かりやすく」がモットーのITアドバイザー、WEBコンサルタント(サイト制作、新規事業立ち上げ、SEOなど)
趣味:映画鑑賞、音楽を聴くこと、楽曲制作、DJ
出身:富山県
「 時間と場所にとらわれないライフスタイル」をさらに楽しむべく2015年8月、長年住んだ東京を離れ、福岡県にある半島「糸島市」に夫婦で移住。

現在二段階移住の二段階目。
夢だった海徒歩圏内かつ、森の中のログハウスにて田舎暮らしを開始。
自然相手に初めてづくしの遊びを体験中!

福岡県糸島市に拠点を移しながらも、東京と糸島という「異なる環境」を行き来する「デュアルライフ」を体現しながら、WEBメディア「福田基広のデュアルライフ」を立ち上げ、自身の考えや想い、ライフスタイルを中心とした情報を発信中。

取材寄稿など、各種お問い合わせ