DUAL LIFE

異なる環境のデュアルライフ

HYPER BOHEMIAN

自由なライフスタイル

SPEAKER

講演、セミナー

IT MARKETER

ウェブマーケットアドバイザー

都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ずすべき4つの◯◯

地方や田舎に移住したい都会在住の方へ。

都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ずすべき4つの◯◯1

僕は東京から福岡県糸島市に妻と移住し、都会に住んでいたころとは違う楽しみかたで日々を過ごしています。

 

今の環境に違和感を感じて、自分も異なる環境へ移住したい。静かに楽しく暮らしたい。

 

そう思う方はきっと、少なくないはずです。
地方や田舎といった今と異なる環境に移住すれば、移住する場所によりますが様々な「メリット」があなたを待っていることでしょう。

 

 

都会から地方や田舎に移住して得られるメリット

都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ずすべき4つの◯◯2・高い建物もない
・人混みもない
・自然や動物が身近に感じられる
・ブランド物に執着しなくなる
・食の美味しさを知れる
・人として、生き物として生きている実感を得られる

ざっと書きましたが、この6つは間違いなく、都会から地方や田舎に移住して得られるメリットとして、あなたが手にすることができるのは間違いないでしょう。

 

朝起きて、夜寝る。
お腹が空いたら、地元の食材を使ってご飯を頂く。

この本来「生き物」として当たり前の人間らしい生活自体が「贅沢」であり「コンテンツ」だと思います、すくなくとも僕はそう。

 

「おっしゃ!ほんなら移住しない理由がないやん!今すぐ移住じゃ引越しじゃーーー!!」

 

ちょっちょっと待ったーーー汗!!
移住すごくいいと思うし、勢いで移住しちゃってもいいと思うのですが(僕たち夫婦がそう笑)都会の人が地方や田舎へ移住前にすべきことって現実問題、あると思います。

異なる環境に移住した僕たち夫婦が今だから言える「都会から地方や田舎という異なる環境に移住するなら、移住前に必ずするべき4つの◯◯」をシェアしたいと思います!

 

 

1・都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ず訪れよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住先を訪れないで移住する、というケースは少ないと思いますが、影響力がある人がどんどん地方移住しているので、その人が住んでいるから自分も。。。と移住するケースも出てくるでしょう。

それももちろんいいとは思うのですが、「拠点を移す」って実際のところ簡単なことじゃないから、◯◯さんが移住したから自分も〜、なんて移住の仕方は避けましょう。

きっかけとしてはそれでいいと思いますが、そもそもその場所があなたの肌に合うかもわからないわけですから、まずは「訪れる」

 

移住先訪れるなんて当たり前!のことかもしれませんが、今後「訪れない」で影響力のある人や流行りだけで決めちゃう勢い移住が増えると僕は予想しています。
必ず移住前に訪れましょう、当たり前ですが。何日か滞在し、あちこち回ってから行動に移しましょう。人それぞれいいと思うポイントが違うはずです。

 

2・都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ず地元の人と触れ合いましょう!

移住希望先にある気になるお店でもいいと思いますし、友達や移住した人にアポを取って時間を作ってもらい、会って話するのもいいと思います。

近所付き合いを重んじる環境の可能性だって高いし、よそ者を受け入れることに対してよく思っていない地域だってある。
異なる環境に移住しハッピーになっている人ばかりじゃない。人間関係で心を病んでしまう人だっています。

移住前に必ず地元の人と触れ合いましょう!
地元の人の話が一番確かです。メリットもデメリットも納得した上で移住を決めた場所なら、きっと素晴らしい移住ライフが待っているはず。

僕たち夫婦が移住を決めたのは、食も環境も文句無しで大方糸島移住を決めていたところ、糸島で長年お店をされている方とお話ししたことが大きかったからです。

 

3・都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ず仕事を確認しておきましょう!

僕のようにWEBや場所を問わない仕事を生業にしているのであれば話は別ですが、移住希望先によって生み出せたり、できる仕事が違うはずです。
もちろん移住してから自分にできることが見つかり、変わっていくことがある可能性ももちろんありますが、移住前に必ず仕事は何があるのか?を調べておきましょう。


あなたが行える仕事がここでも通用するのか?募集しているのか?自分の勤務先で支店はないのか?同じような業種の会社はないのか?今の支出に対し、ここで得られる収入で生活していくことは可能なのか?

 

ここでも出しますが、異なる環境に移住しハッピーになっている人ばかりじゃない。
ハッピーになっている人はどこにいっても食べていける勢いと力を持っている人、もしくは時間と場所にとらわれない仕事を持っている人の可能性が高いです。

 

「仕事は移住できるのであればなんだってやりますよ!」

 

言葉ではいくらでも言えますが、半年、1年続くことを考えると「自分がやっていて苦痛じゃない仕事」を見つけることがやっぱり大事。
しっかり収入面でのことを考え、環境が変わるので多少の妥協点は必ずあると思われますが、仕事をしっかり求人サイトだけでなく地元の人にも聞いたりして情報を得ておくことが大切だと思います。

 

4・都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ず「見えにくい経費」があることを頭に入れましょう!


地方や田舎に移住すると必需品になってくる可能性が高いのが「車」です。
 
車は「金食い虫」とも言われており、例えばやすく譲り受けた軽自動車を持ったとしても、ガソリン代や保険代、車検代など掛かります。
 
そして光熱費が高くなる可能性が高いでしょう。特にガスは都市ガスを使っているところはいいかもしれませんが、プロパンガスの場所は高くなります。
となると光熱費もしっかり上がるので、車代光熱費代はプラスでかかる前提でいた方がいいでしょう。
 
もちろん車代と光熱費を加えたとしても、家賃が安いので都会に比べて経費が安い可能性が高いですけどね。

 

 

都会在住のあなたが地方や田舎に移住したいなら、必ずすべき4つの確認

 

僕たち夫婦が楽しく日々生活できているのは、移住前に上記でご紹介した4つの確認をしたからだと思っています。

先ほども書きましたが、「勢い」や「直感」って移住や引越しなどで重視すべきポイントではありますが、拠点を移すことって仕事や人間関係など現実問題「勇気がいること」なはず。

 

だから、しっかり確認すべきポイントを押さえた上で、行動に移されるのがベストだと考えます。

 

WEBや雑誌でも「地方や田舎への移住」は注目されています。
僕たち夫婦はまだまだ、移住した糸島の「本当の楽しい生活を体感できていない若輩者」ではありますが、都会から移住した僕たちの本音は「本来の人間らしい生活、楽しいよ」(あーー!早く土に近い場所で生活したいぃぃ!)

しかしそれは、上記の確認をしっかりし、自分が心の底から納得した上での移住話なので、ぜひ移住前の当たり前である4つの確認を行い、行動に移していただければ幸いです。

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

 

 

とまあ、もっともらしいことを書いてみたのですが、ぶっちゃけどうとでもなるってのが本音の本音です笑!

移住したきゃしたらいいさーーーー!!!きっと自分が選んだ場所だから良いも悪いもきっと楽しめると思いますよおおーー!!

 


こんな綺麗な景色楽しめるんだもーーん!!!!太陽サイコー


2016-12-04-13-12-33

Profile image
福岡県糸島市在住
職業:「楽しく分かりやすく」がモットーのITアドバイザー、WEBコンサルタント(サイト制作、新規事業立ち上げ、SEOなど)
趣味:映画鑑賞、音楽を聴くこと、楽曲制作、DJ
出身:富山県
「 時間と場所にとらわれないライフスタイル」をさらに楽しむべく2015年8月、長年住んだ東京を離れ、福岡県にある半島「糸島市」に夫婦で移住。

現在二段階移住の二段階目。
夢だった、海徒歩圏内かつ、森の中のログハウスにて田舎暮らしを開始。
自然相手に初めてづくしの遊びを体験中!

福岡県糸島市に拠点を移しながらも、東京と糸島という「異なる環境」を行き来する「デュアルライフ」を体現しながら、WEBメディア「福田基広のデュアルライフ」を立ち上げ、自身の考えや想い、ライフスタイルを中心とした情報を発信中。

取材、お問い合わせ

COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

MONTHLY TOP 10

Profile image
Profile image
福岡県糸島市在住
職業:「楽しく分かりやすく」がモットーのITアドバイザー、WEBコンサルタント(サイト制作、新規事業立ち上げ、SEOなど)
趣味:映画鑑賞、音楽を聴くこと、楽曲制作、DJ
出身:富山県
「 時間と場所にとらわれないライフスタイル」をさらに楽しむべく2015年8月、長年住んだ東京を離れ、福岡県にある半島「糸島市」に夫婦で移住。

現在二段階移住の二段階目。
夢だった海徒歩圏内かつ、森の中のログハウスにて田舎暮らしを開始。
自然相手に初めてづくしの遊びを体験中!

福岡県糸島市に拠点を移しながらも、東京と糸島という「異なる環境」を行き来する「デュアルライフ」を体現しながら、WEBメディア「福田基広のデュアルライフ」を立ち上げ、自身の考えや想い、ライフスタイルを中心とした情報を発信中。

取材寄稿など、各種お問い合わせ