DUAL LIFE

異なる環境のデュアルライフ

HYPER BOHEMIAN

自由なライフスタイル

SPEAKER

講演、セミナー

IT MARKETER

ウェブマーケットアドバイザー

反映されてる?Facebook新機能「LIVE(ライブ)動画」が日本でも正式リリース

facebook待望の新機能「LIVE動画」機能の日本版正式リリース!機能説明や使い方、使えない人向けの反映情報

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
facebookが2015年年末頃からテストを行ってきた「LIVE(ライブ)動画機能」を、全米ユーザーと一部の日本ユーザーに向けて正式にリリースしました。
まずはiphone版が先に追加機能という形ではじまり、Android版はこれからとのことです。

 

Facebookの「LIVE(ライブ)動画」機能は撮影中の動画をfacebook上にて、リアルタイムに配信できる機能(そのまんま笑)。

投稿の仕方としては、投稿時にLIVE動画用のアイコンをタップし、動画の公開範囲を設定すると、配信可能となります。

ちなみに視聴者数やコメントなどリアルタイムでチェック可能となり、配信完了後はタイムラインに動画を残しておくことも削除することも選択可能となります。

 

 

facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」の使い方と考察

facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」の使い方に関してですが、これは

・自分のフォロワー、友達に向けて配信
・コミュニティーに向けた限定配信

が基本的な使い方になると思います。
僕であればタイムラインに載せる。。。勇気はないので(笑)自分のコミュニティに向けて

 

「◯月◯日の◯時にWEBに関する講座をfacebookのLIVE(ライブ)配信にて行うのでみてくださいねー」

 

といった利用の仕方をするかもしれません。いかんせんfacebookは交流の場としてはOKなのですが、コンテンツを残す場としては正直いまいちでした。

このfacebookのLIVE(ライブ)動画機能は登場したことにより、僕のようなコミュニティ運営者の情報発信方法がガラッと変わっていくでしょう。いや、変えていかないといけないと思う。

 

んー、今後facebookはキュレーションに近いニュースフィード機能も取り入れるとのこと。こりゃfacebook完全に巻き返しましたね。個人的にはこの新機能が、facebookを使った情報発信、次なる一手の革命になると期待しています。

 

 

facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」の海外事情と日本の場合

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」の海外事情ですが、facebookNEWSでも正式に伝えられているように、2015年の8月の段階ですでにVIPにはfacebookの「LIVE(ライブ)動画」機能提供済み。

海外の芸能人やアーティストはこのfacebookの「LIVE(ライブ)動画」機能を使い、毎日ファンとの距離を縮め、活動のさらなる幅を広げることに成功しています。

 

PeriscopeやMeerkatがスマートフォンを活用したライブストリーミング旋風を現在起こしていますが、facebookのユーザー数が世界トップであるのは事実であり、投稿したコンテンツが抱えるファン以上の人に見てもらえるリーチの広さではfacebookが圧勝。

日本でもいち早くfacebookの「LIVE(ライブ)動画」機能の効果的な活用方法を見出すか?がカギになる気もします。

 

 

ちょこっと注意ポイント
で、怖いのが日本の場合。
こうなった時に、もうちょっとしたら「facebookのLIVE(ライブ)動画機能ムーヴメント」がはじまるのが海外だけでなく日本もいつもの流れ。なんですけど、おそらく予想されるのが

「観たくない知らない人の素人感丸出しな自撮り動画の嵐」

あーやだなー。また観たくないからフォロワー外しとブロックの嵐だぁ。。。
素人感丸出しな自撮り動画で観ている側がOKなのは「仲がいい人」「有名人」であって、それ以外の素人感丸出しな自撮り動画を観ている側としては

「❄︎あれ?今雪降ってきた?❄︎」

と勘違いするくらい、なんとも言葉に表現できない変な汗と寒気が襲ってきます。
ですので、顔見知りだけでやっているfacebookユーザーさんは全く問題ないです、友達向けにこの機能使って好きになさったらいい。

面識のないフォロワーが多いfacebookユーザーの人がfacebookのLIVE(ライブ)動画機能使用する際は、自分が思っている以上に多くの人に届いてしまうので、本当クオリティに気をつけたほうがいいです。いや、気をつけてくれ。

クオリティにさえ気をつけれれば、非常に効果が期待できる機能なのは間違いありません。

 

WEBは今この瞬間含め、どんどん変わる。
だからいつまでも一つの発信方法にとらわれるのはもったいない。自分にフィットした発信方法を探っていきましょう。

 

 

facebookの新機能LIVE(ライブ)動画の設定方法

これはスマートフォンでの設定になり、僕はiphoneを使用しているのでiphoneでの設定方法をシェアいたします。

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
スマートフォンの投稿画面の左下に「LIVEアイコン」が登場しているので、それをクリック。

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
おそらく多くの方が「カメラのプライバシー設定」がオフになっている可能性が高いので、この画面が出ます。

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
iphoneの設定 → プライバシー → カメラを選択

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
facebookがオフになっていると思うので、オンにして、先ほどのfaceboookのLIVE(ライブ)投稿画面に戻りましょう。

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
無事に設定が完了すると、こんな画面が出てきます。

【Facebook新機能】遂に「LIVE(ライブ)動画」機能を正式日本リリース
FacebookのLIVE(ライブ)動画に関しての内容を入力し、ライブにするをクリック。
これで動画配信可能となります。ちなみにカメラはインカメラとアウトカメラを選択できます。

 

 

facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」機能が反映されてないのでどうすれば反映されるか?

facebookの新機能「LIVE(ライブ)動画」機能ですが、現在日本では一部ユーザーにリリースされたのみで、順次ユーザーに向けてリリースされていくとのことです。

そして機能としてもまだ弱く、facebookの「LIVE(ライブ)動画」機能がスマートフォンに反映されたかと思いきや、アイコンが消えていたりと不安定な状態です。まさに僕が今その状態。

ですのでfacebookの「LIVE(ライブ)動画」機能反映まで気長に待ちましょう。

 

これで情報発信の幅を広げ、さらに楽しいSNSライフを送りましょう♪

facebook新機能「超いいね!」「悲しいね」といった5つの新スタンプは反映されていますか?反映方法をご紹介。

Screenshot反映されてる?facebook新機能「超いいね!」等の5つの新スタンプ紹介と使い方

反映されてる?facebook新機能「超いいね!」等の5つの新スタンプ紹介と使い方をご紹介。意外と新スタンプ実装されていないユーザーが多いとのことで実装法をご紹介。

 

Profile image
福岡県糸島市在住
職業:「楽しく分かりやすく」がモットーのITアドバイザー、WEBコンサルタント(サイト制作、新規事業立ち上げ、SEOなど)
趣味:映画鑑賞、音楽を聴くこと、楽曲制作、DJ
出身:富山県
「 時間と場所にとらわれないライフスタイル」をさらに楽しむべく2015年8月、長年住んだ東京を離れ、福岡県にある半島「糸島市」に夫婦で移住。

現在二段階移住の二段階目。
夢だった、海徒歩圏内かつ、森の中のログハウスにて田舎暮らしを開始。
自然相手に初めてづくしの遊びを体験中!

福岡県糸島市に拠点を移しながらも、東京と糸島という「異なる環境」を行き来する「デュアルライフ」を体現しながら、WEBメディア「福田基広のデュアルライフ」を立ち上げ、自身の考えや想い、ライフスタイルを中心とした情報を発信中。

取材、お問い合わせ

COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

MONTHLY TOP 10

Profile image
Profile image
福岡県糸島市在住
職業:「楽しく分かりやすく」がモットーのITアドバイザー、WEBコンサルタント(サイト制作、新規事業立ち上げ、SEOなど)
趣味:映画鑑賞、音楽を聴くこと、楽曲制作、DJ
出身:富山県
「 時間と場所にとらわれないライフスタイル」をさらに楽しむべく2015年8月、長年住んだ東京を離れ、福岡県にある半島「糸島市」に夫婦で移住。

現在二段階移住の二段階目。
夢だった海徒歩圏内かつ、森の中のログハウスにて田舎暮らしを開始。
自然相手に初めてづくしの遊びを体験中!

福岡県糸島市に拠点を移しながらも、東京と糸島という「異なる環境」を行き来する「デュアルライフ」を体現しながら、WEBメディア「福田基広のデュアルライフ」を立ち上げ、自身の考えや想い、ライフスタイルを中心とした情報を発信中。

取材寄稿など、各種お問い合わせ